PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桐箪笥

去年の暮れ急逝したフクチチのお母さんの桐箪笥。

65年ほど前のものらしい。
かなり古びていて引出しもスムーズに動かない。

2人で家1軒分のモノの整理処分をやってるけど、本当に大変です。体力勝負です。
ゴミに出すにしろ、売るにしろ、福祉バンクに引き取ってもらうにしろ、ほとんどのモノ・家具は処分するしかありません。

この桐箪笥も粗大ごみに出すか、引き取ってくれる人がいたら譲るか、当然処分するつもりでした。

が、フクチチが、他の家具は全部処分したのに、これだけはなかなか家から出そうとしない。
「これは一番最後にする。」と言う。
さっさと処分したらいいのに、と思ってたけど・・

よく考えたら、私は血縁じゃないけど、フクチチにとっては母親。
遺品整理の大変さに当然のことを忘れてました。

で、ここは私がゆずって(←モノが増えるのはとっても嫌な人。捨て魔だけど整理ベタ我が家に置くことにしました。
狭い家で置き場所もないから押し入れに。うまく収められるか心配だったけど、

ぎりぎりぴったりこん♪

DSC01142_convert_20160304141442.jpg

フクチチが使うことになりました。
今までは上部にハンガーで掛ける収納、下部に引出し収納だったから、使い勝手は悪くなるかも。

でも、古いけどプラの収納ケースより味がある。
見慣れてきたらボロさも気にならなくなったし。

家に持ってくるのを猛反対していた手前、
フクチチがいない時を見計らって、じっくり見たり触ったり古さを味わってます。



にほんブログ村
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:39 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

そうでしたか…お義母さま。
そう、全部を捨てるわけにはいかないんですよね。
いたはずの人がいなかったことになっちゃうようなさみしさがあって。
でも、自分の物ならいざ知らず、他人の物の片づけは本当に大変。お察しいたします。

こちら、引っ越しでだいぶ処分したものの、私もまだ捨てられないものはたくさんあって、帰ってくるわけでもないのに旦那の靴とかとってありますよ(;^ω^)
私自身も迷惑をかけないようにと、今、自分の終活に励んでいます。

箪笥がぴったり押し入れに収まったのも何かの縁ですね。
ご主人、大事にお使いになることでしょう(^_-)-☆

| 金魚 | 2016/03/04 22:49 | URL | ≫ EDIT

金魚さんへ

フクチチの実家はウチの倍以上の収納があり、山ほどの布団類、家具、衣類、食器・・・
何が出てくるかわからないから、業者に頼まず2人でやることにしたけど、はじめは茫然としました。
とにかく前に進まないと終われないと思って焦ってたかも。

桐箪笥も粗大ゴミに出すことにしてたけど、今は出さなくて良かった~って思います。
でもいずれ自分たちがもう少し年を取ったら、体が動くうちに処分するだろうな。

私の母は30年近く前に亡くなったけど、バッグや着物など捨てれなくて。
30年かけて少~しずつ処分し、義母が亡くなったのがきっかけで先日全て処分しました。
でもまだアクセサリーなどは捨てれません。

モノを処分するって気力・体力・判断力が必要ですね~
お年寄りが山ほどのモノに囲まれて暮らしているのってわかります。
ある本にはモノの整理は50代からやった方が良いとありました。
モノだけじゃなく、人とのお付き合い、経済的なこともあるし、60になる前に(もう少しだけど(*_*))できるだけ家の中も気持ちもすっきりさせたいです。

| フクママ | 2016/03/05 09:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。